教育に期待すること

教育は自宅でも行うことができます

子供を学校に通わせて学校教育を受けさせるのが一般的です。
学校では勉強はもちろん、勉強以外の事も学ぶことができる大切な場です。
教育のプロの先生たちが、生徒に色々なことを教えて行ったりしてくれます。
学校はそういった人たちによって、効果的な教育を受けることができる貴重な場です。
しかし学校だけでしか教育を受けることができないかというと、それは間違いです。
休日などに自宅に子供がいる時は、親が先生に変わって教育を行うことができます。
子供が悪いことをしたら叱り、いいことをしたら褒めてあげることで、子供に対する教育を親がすることができます。
教育は学校が行うものだと思い、たまになにもしないような親がいるのですが、それは間違いで、基本的には親が子どもの教育をして、学校の先生はそれを補助するような存在です。
なので教育の基本は学校の先生ではなく、その子供の親です。
子供は親を見て育つといいますが、本当にその通りで親が子供の手本にならなければ子供は間違った方向に成長していきます。
親のやることは子供はしっかりと見ているので、自分が子供に見られているという自覚を持って行動した方がいいです。
その辺にゴミをポイ捨てするような親がいたら、子供も同じことをしてしまいます。
そういったことにならないようにまずは親自身しっかりとした大人になる必要がありますが、このようなことができていない親が最近非常に話題になっています。
モンスターペアレンツなどもそうで、自分のことしか考えてないような行動をしていたら、子供も自分勝手な人になってしまいます。
なので親も周りの人の事を考えられるような親になることで、子供もそういったしっかりとした人に成長していきます。
しっかりと悪いことをしたら叱るのは当然ですが、いいことをしたら褒めるのも大事なことです。
そういった風に子供は親から教育を受けて成長していきます。
学校の先生はその手助けをするに過ぎない存在です。